6月23日 その2

夕方散歩

チップ40分

ちょーノロノロで芝生と市役所を1周
オヤツちょーだいばかり。で、無いよ。というと、立ち止まって無表情になる。

よい感じのお散歩だったが、最後にトモちゃんが後ろを通り過ぎてしまった。
トモちゃん(♂柴 未去勢)。
チップがもっとも激しく興奮してしまう犬だ。

もっとも相手は静かだが・・・外の高い檻に閉じ込められているので可哀想だ。
最近ひどい皮膚病だ。
お散歩は必ず朝晩しているのだが、せめて地面に降ろして飼ってあげてほしい。

さてチップ

呼び戻したが興奮の坩堝状態
しかし、ワンワカ言いながらも戻ってくる。
以前よりは興奮が収まりやすくなってきたようだ。
しかし何度も振り返り、唸っている。

その後・・・さとり散歩から帰ってきたら、パソコンやっている足元のベッドに一瞬来たが、
寝室にサッサと行ってしまった。



さとり60分

クラウドと途中から合流。
1回、大人しく友好的なワン(ミックス未去勢♂)に会う。
しかし今日のハンドラーは知らないお兄さんで、さとりと会うとリードを強くもつ。
あらら、と思ったが、さとりは尻尾ぶんぶんで鼻挨拶。
その子も大人しくニコニコしているのだが、お兄さんは更にギューっと握る。
さとり、1回、ボウがでそうになる。
驚いて慌てて去っていくお兄さん。
犬は最後まで、ニコニコしていた。

犬を知っていてもハンドラーが犬慣れしていない人の場合は、やっぱり避けよう。と思った。


今日は久しぶりに犬嫌いの女の子に会う。いつも同じところであってしまう。
しかし年に1度ぐらいしか会わないので、顔を覚えていない。
もしかして・・・?と思ったが、ちょっと緊張しながらも、途中の横道にそれず進んでくるので違う人かと思った。大きくなっているし・・・
そしたら、途中で「やっぱり!ダメダメ」と言い出した。
やっぱ、例の子である。

1本道なので、どうしようかと思ったが、仕方なく引き返す。
すると、ソロソロと後ろを歩いてくる。
ので、後ろ向きのまま止まっていたら、大丈夫みたいな気配が伝わってきた。
「いいですか?」と、いうのでは、「はい、どうぞ」
と、言ったら、走り抜けていった。
正面を向いてなければ、なんとか対処できるようになったのだ。
さとりは、まったく無関心だった。でも、走らないほうがいいのだけど。仕方ない・・・


あとは特に何事もなく穏やかに終了・・・