8月20日~21日

さとり

お散歩終わりごろ、またまた座り込みが始まる。
もう帰らなければならなかったので、誘うが全然ダメ。

なので、リードを放して帰るふりをした。

私の姿が見えなくなったところで、あわてて追ってくる。

そして、リードを噛んで大興奮である。

こんなことされるのが大嫌いな模様・・・失敗してしまった・・・


さとり

またまたグシャグシャに触りまくる、おばあさんに遭遇
ニコニコと近寄るが、触られまくり、「やめてっ!」という感じで振り払う、さとり。
しかし、おばあさんは、気づいていない。

顔を触られるのを振り払い、おばあさんのスカートに顔を突っ込んでいくのであった。


さとり

以前、ガウられた、チョーちびヨーキーに遭遇
相手は、さとりのことが恐いくせに突進してくる。
お母さんは止めるのが大変だ。
さとりは、覚えているらしく正面でフリーズしてしまう。
ダンナがリードを持っていたのだが、機から見ていると、どうすればよいかわかる・・・
当人だと一緒になってフリーズしてしまうのに
ダンナもフリーズしている

大変勉強になった。

また、散歩しているうちに会う。
ヨーキーママは避けようと、道路の向こう側に渡ろうとするが、ヨーキーは嫌がって困っている。
さとりが、反対側に避ければいいのだが、ダンナは真っ直ぐ進んでいく。
以前の私だ。
そこで、反対側にさとり&ダーリンを呼ぶ。

簡単なことだけれど、なかなか難しい。
なんで避けないのだ?と、思う前に・・・「こうしろ」と、叫んでしまう前に・・・「こうしよう」と、提案すればよいのだ。
ということが、始めて心から理解して実践できた。

ponopono式は、理論が理解できても、人間の心が変わらないと実践がむずかしい。
無理に薦めるものでもない。
でも、やっているうちに人も変わってゆくことができるのが素晴らしいことだ。



さとり

最近、さとりばっかりである。
つい一番、面倒子ちゃんという感じで、さとりになってしまう。
男子は、優等生タイプなのだろう。