4月14日

チップ

今日はまた調子がよかった。
自分でベッドに入り寝ている。
ランでもたくさん歩き、ウンコ、シッコもし、呼べば、遠回りをしながらもやってくる。
足の麻痺が気になるが、頭の回線は昨日より格段によい感じだ。

腸内細菌の話をテレビでみて、今日から食後ヨーグルトを始める。人間も。


さとり

最近ちょっと知らない他犬に対し、よくないマナーが戻りつつある。
私たちの生活態度の何かが変わったのだろう。

しかし先日、早朝のドッグランでのこと。
誰もいないと思っていたら、興奮度の高い犬が一頭やってきた。
どうするかな?と思っていたら、静かにフセていた、さとり。
相手が興奮してやってきても、そうやってやり過ごせる。
チップも含め4頭しかいなかったが、興奮君もだんだんと落ち着いてきて、よい雰囲気になってきたころ、
飼い主さんがボール投げを始めた。

あーあ、またテンションMAXに・・・

チップは怒り(びっくり)

クラウドは知らん顔

さとりも、「もー」という顔(嫌いな子ではないよう)

帰ってきた。

今日のランは、まったりちゃんばかりで良かった。

子犬も何頭かいて、大人の犬と、ゆったりと並行で歩いていたりと、とても良い雰囲気だった。

気になる子犬が1頭いた。
かなり臆病で人間からは距離をとっている。
里子にいったのだが、その家の人間の子供たちは、ランで一人で匂いかぎをしている、その子が気になるみたい。一緒に遊ぼうと誘うが、のらない。

私はチップと小型犬専用スペースにいた。ウッドチップが小さくて、歩きやすいからだ。おとなしい子ばかりだったので扉は開けておいた。

すると、さとりが最初に来て、次に、気になる臆病子犬も匂いを嗅ぎながらやってきた。

その家の子供は最初はなんとか興奮を上げようと誘っていたが、距離をとり静かに歩いたり、匂いを嗅いでいる犬たちをみて、自分もジーッと犬たちを見つめ始めた。とても長い間そうしていた。

帰るよと親に言われて、無理やり抱き上げて帰って行ったが、良いお家にもらわれていったな。と、思った。