5月4日

今日は午後から、実家に行った。

お庭でまったりする3頭。
お昼食べた後、私は延々と庭の草むしり。
3頭は一緒に外に居る気らしいが、暑い・・・。なので、途中から家に入れる。

草むしり2時間やってお散歩に行った。
実家の周りは竹林とか昔ながらの林に包まれた汚い川とかあったのだが、区画整理がどんどん進み
みんな宅地になりつつある。
川も工事されて橋がかかり、昔の木に覆われた暗い、しかし野趣たっぷりの川ではなくなった。
さとりは飛び込む気満々なのだが、それは困る。
昔ほどではないが、まだ汚いのだ。
昔は家庭排水垂れ流しであったので、汚かった。それでも足だけ使って歩いたりしていたが・・・
今のほうが排水設備が整って川の水はきれいになっているはずだ。
文明が進み良いこともあるが、うっそうと茂った木々の中にある藤のツタが垂れ下がったような暗い川が懐かしい。護岸工事されて明るくなってしまったほうが生き物もいないような気がしてしまう。

たくさんあった竹林も少しになり、春になるとタケノコが食べ放題だったのも無くなった・・・さびしい・・

しかし、道行く人は、コジャレタ人たちを見かけるようになった。
以前ではありえない。橋が完成すれば、その向こうには広大な宅地が待っている。
これからどんどん開発は進むだろう。

そういえば、今回は山でも、ほとんどリードでお散歩だった。
さとりが普段より落ち着いた感じがするのは、そのせいかもしれない。
人間の方は、日に何度もお散歩していると、だんだんとお散歩筋がついてきたような気がする。

そうそう・・・クラウド君の対犬礼儀について

道で他犬(知らない犬)が来たら、2~3m手前で、おもむろに草むらや横の壁などの匂いを嗅ぎ始める。
ここまではお作法通りで安心して見ている。
そして、相手犬がすれ違った途端とか・・・すれ違う瞬間とかに・・・
相手のほうへキュッと頭を向けちゃうのである・・・
安心しきっていた相手犬はドビックリである・・・
ついでに私もドビックリ

そして、すれ違うと相手犬の後方に周り、残り香の匂いを嗅ぐ

これも良いのだが、キュッと振り向いたり、相手に頭を向けるタイミングが早すぎる・・・