6月21日


ガ~ン!!こんなこと書いてあってショックを受けた。
下記、知り合いの方のブログからです。

“リードをつけられたら「あきらめて大人しくする」ということが身についているワンコは幸せです”


これって幸せじゃないですよね・・・

まさに心の奴隷状態・・・

確かに、リードをつけて短く踏んでいれば、諦め大人しくなります。

でも、それって確実に心の一部を殺しているっていうことだと思います。

子供のころから自分の心を殺すことを覚えさせるなんて、可哀想。と、私は思いました。

だって自分だって、そんなふうに育てられたくないから・・・

もちろん人間だって、そんなふうに育てられている子は沢山いる。

でもそれは親からの負の連鎖と無知のせい。

人間の学校の先生が、このトレーナーさんと同じこと言ったら大問題になるんじゃないかな?

“制服を着たら「あきらめて大人しくする」ということが身についている子供は幸せです”って・・・

いや、ロボット人間を作りたい人は大賛成なのかな?

理念もなくやっている方がまだましで、こんな理念のもとにやっているとしたら本当に恐ろしい。

これは動物愛護じゃないです。

動物福祉(アニマルウェルフェア)を勉強された方、もともとそのような考えを心に持っている方が聞いたら恐ろしいと思うと私は思います。

また教室に参加し言われるままにやっていても、動物福祉の心を持っている方は、いつか自分の心の声に抗えず、止めるでしょう。


もう言っても仕方ないけど、「支配する=支配されるゲーム」は、やりたい人間だけやればいいんじゃないかと思います。