12月6日

クラウド

自分で庭に埋めた柿の存在を忘れる。
ダンナが掘り返しているのを不思議そうに見ていたそうだ。
ドロつきの柿を差し出したが、本人は????な様子だったそう。
「洗うから貸して」と、言ったら渡してくれたそうだ。

今朝も柿の家にルンルンステップのクラウド。
何度も私を振り返り、ニコーーっと大笑いする。でも今朝は無いと思うんだよね。
やっぱり無かった。
いつも柿を置いておいてくれる植木を見てガビーンなクラウドでした。


チップ

知り合いの女の子柴ちゃんが、チップを見るといつも突進してくる。
PONOPONOする前は、フリーズ→ガウしてたチップだが、そのうち私の後ろに隠れることができるようになり、とうとうサッサか逃げることができるようになった。
くるーーっと迂回して、知らん顔でサッサか逃げるチップに、ショックな顔して立ち止まる柴ガール。



さとり

少しでも面白くないことがあると、寝ているクラウドに八つ当たりする、さとり。