ソチが終わって・・・

ソチ・オリンピックが終わった・・・

そして世界選手権も終わった・・・

ソチでの大ちゃんの演技は、いつもの調子がでていなくて残念だった。

しかし、それも仕方ない。怪我していたので完全に復調していなかったのだろう。

とても、おそる、おそるな感じの体の動きだった。

例えば、いつもは90度曲げるところが80度ぐらいといった感じ・・・

怪我前のNHK杯の本調子時の演技から比べると非常に残念だった・・・

だたし、普段特に彼を見ることが無い人には、わからないであろう、上手にまとめた演技だったと思う。

それでも6位とは素晴らしい。が、これが最後だと思うと正直悔しかった。

フリーのときは夜中起きて頑張ってみた。

大ちゃんの演技が終わるとともに脱力し、あぁ、いつものアレを見ることができなかった。でもよくやった。
と思った。

続いては羽生選手の番だったが、演技序盤でブチッとテレビを消した。

あまりにツマラナイ・・・ジャンプは上手だけどね・・・
羽生選手の演技でリピートしたいと思ったのは、おととしの世界選手権のもののみ。
あれは鬼気迫るものがあり、素晴らしかった。
今は、本当にツマンナイ演技。

さて、エキシビション。
大ちゃんは推薦で出場。フランスの解説者が、しゃべくりまくるアナウンサーに、ちょっと黙っててきなコメント。「これが世界大会で彼を見られる最後かもしれないんだからっ!」って。

ホント・・・同意ですよ。

今日は、面白いニュースをみつけた。
大ちゃんが、世界選手権への欠場が決まった途端、チケットを手放す人続出。
推定だけど3000席以上のチケットが手放されたらしい。
その前は200席ぐらだったというから、10倍以上だ。
やはり、大ちゃんを見に来る人が多いのだ。

オリンピック後に、特にスケートファンではない人達とおしゃべりしていた。
「高橋大輔選手のは、芸術。他の人のはスポーツ。」と説明したら、他の人が
「そう、高橋選手のは、お金を払って見に行く価値があると思う。他の人のはテレビでいい。」と言っていた。

まさに、そのとおりの現象が起きた。

しかし、その反面、嬉しいニュースも・・・。
世界選手権欠場ということは、ここはじっくり怪我を治して、その後を考えているからだと思う。
韓国のオリンピックは行かなくていい。
だけど、引退は嫌だ。困る。
アイスショーではなく、選手としての彼の演技をまだまだ見たい。

ジャンプの葛西選手が競技を続ける理由が「金メダルをとっていないから」らしい。

だったら、大ちゃんが現役続行ならソチで金メダルじゃなくてもよかった。

今後も楽しみにしたい。
by tippurin | 2014-03-29 19:55 | 普通生活