いろいろとショックな日

ショック(+o+)その1

高橋大輔選手が引退してしまう・・・・これは、ショック過ぎるので長く書けない・・・とりあえずまた後日


ショック((+_+))その2
近所の可愛い仔犬がジャークされてた。しかも・・・フレキシリードにチョークチェーンというありえない組み合わせ。
ある日、ちょっと道端で話をする機会があったら、さとりを見て、こんな落ち着いている犬になるのが理想。という・・・。
だったら・・・うちもチョークチェーンは止めてこうなったので、止めた方がいいと伝えた。
訓練も止めた。と言ったら、どうも訓練士さんについてオスワリ、フセとか習っているらしい。
えええーーー、じゃーなんでチョーク+フレキシリードなんだ。訓練士は誰ですか?と聞いたら、病院においてあったチラシを見て。と言ってた。
病院ダメじゃん!とにかく何も知らないで飼ったので。と言ってたけど・・・知らない人にこれは酷過ぎる間違いを教えている。知らないということは怖い。
短い時間で話したけど、ただの散歩中にすれ違った人に言われたことを、どれだけ信じてくれるかわからない。残念。


ショック(@_@;)その3
テレビでベッキーがトレーナーと引きこもり犬の訓練をしているらしい。
ネットで「酷い」という話もでていたので、見たこと無いが、昨日のお昼に、会社の女子たちでその話になった。
私以外、小さい子供のお母さんである。

長い間、犬小屋から出てこれず、身を寄せ合うようにしてうずくまっている犬を普通に散歩させようと、外に連れて行くそうだ。

その様子を見て、一人の人がこういった。
「あれを見てて、うちの子供には絶対あんなことしない!し、させない!酷い。と、思った。」

うんうん・・・。

「でも、テロップに、“トレーナー”って書いてあるのをみて、ああ、じゃあいいんだ。ふ~ん?」

と、思ったそうである。

別の人達も尻尾が完全に股の間に入っているし、全てが怖いみたいで可哀想だった。
でも・・・トレーナーさんがやっているし・・・

ということだった。

可哀想だ。と思う方が正しいんだよ。怖いものに無理に曝すと余計怖くなるよ。という話をしたら、変だと思った。と妙に納得していた。

トレーナー、訓練士、このような肩書きは騙されないようにしよう!
例えば医師や学校の先生だって、変な先生はいる。

自分の心と頭で判断できるようにしよう。それが教育の賜物であるはず。

自戒を込めて。

d0117776_7153682.jpg