怖いもの。って・・・

YUYU君、さっき、やっとお外でウンチ^_^;

しかし家の前の道がどうしても怖いらしく、抱っこして途中まで連れてゆく
筋トレが役にたっている???

1日に何度かお外に連れて行っている。朝だったらいいのか、昼だったらいいのか、夜だったら・・・
しかし、お散歩の距離は伸びない・・・どころか、短くなっている・・・

たぶん、YUYU君にとって新しい場所はニュートラル。次からは怖かったことが蓄積されてゆく。大丈夫だったことじゃなくて、怖かったことが重なっていってるような気がする。

自分に置き換えて考えてみた。私は蛇が怖い。テレビでも直視できない。しかし、脱感作法を聞きかじり、慣れようと努力した。結果、テレビの蛇は少し見ていられるようになった。しかし、全身に湧き出す、あの恐怖の液みたいなものは変わらない。少しドキドキが減っただけだ。
そして一生、蛇を好きにはなれないだろう。生の蛇を見て大丈夫にはなれない。


この間は、お外で子供の声を聞いて、肛門腺液がドバッと噴きだした。そーとー怖かったのだと思う。

そんなに怖い場所にでることは幸せなのかな?

今日も子供の声に震え上がって、玄関に張り付いているYUYU君を見て、早鐘のようにうつ鼓動を感じて・・そう思った(ーー;)