アドバイザーって・・・なんの?

今年は、アドバイザー資格更新の講座を受けないといけません(-_-;)

なんのアドバイザーでしょう?

そ・り・は・・・・・消費生活アドバイザー

そんなもん知りませんよね。私も知りませんでした。
いつの間にかチャレンジする意欲がわいたのは、そのときの上司の影響かも

5年ごとに資格の更新があります。
更新講座を受けるたびに、世間は問題で溢れ、でも、問題を解決しようと努力している人たちがいる。と、実感します。でも問題は巨大すぎて、いろんな人、団体があって、全員が納得する解決方法って、無いのだな~。と思いました。
d0117776_10511979.jpg

d0117776_1051354.jpg

今日受講したのは、上記の二つでした。

国民皆保険制度、フリー・アクセス制度、診療報酬の出来高払い
どれをとっても日本の医療制度は、医療費も保険料も高くなる仕組みなはずなのに、何故両方とも(他の欧米諸外国)に、比べて安いのか?
と、必ず外国の研究者から質問がでるそうです。
それは、診療報酬が安いから。と本日の講師の先生は言ってました。
私も感じたことあります。だってダンナが手術をして、すごく高いと思ったけど(窓口負担3割で60万だったから、総医療費は180万ぐらいかな?)、調べたら、ほとんどが材料費(チタンって高いのね・・・)。医師の技術料はチタンより安かった・・・すごく職人技のいる手術らしいのに・・・先生ゴメンね。ありがとう。と、その時思いました。

医療は決して安いものではないのです。高いです。それが庶民でも受けられる日本はやはり幸せと思いました。

今の生活のそこにも、あそこにも多くの人の努力が隠れています。
私たち一人一人が、その多くの人の一人です。pupupuなんだか、ややこしい文章。
みなさん、ありがとう(^o^)丿お疲れ様!

それから、やっぱ健康大事にせんとのぅ☆
by tippurin | 2008-06-29 11:15 | 普通生活