カテゴリ:普通生活( 38 )

d0117776_21282631.jpg

普段の私への態度は、こんなんである。
ソファの方が価値的には高いに違いない。


それにつけても・・・・あー痩せたい

今、人生maxで太っている

痩せれば全ての問題が無くなる気がする

食べたいだけ食べて、飲みたいだけ飲んで痩せる方法が必ずあるはず!

その方法が見つかるまで・・・今のままだろーなー。

日曜日は、友人宅にお招きを受け、11:30ぐらいから16:00ぐらいまで、ずーーっと食べて飲んで、しゃべっていた。
今週末も、友人の奥様のお店にお誘いいただいた。とっておきの豆腐よう&泡盛を用意してくれるとのこと。
楽しみだ~♪

痩せる暇が無い・・・・

犬散歩は、益々ゆっくりだし・・・
仕事のストレスは普通にあるし・・・

休日の楽しみは食べと飲みと昼寝、ときどき畑だし・・・・

痩せる要素が日々にまったく無い・・・

年と共に見た目的要素はどうでもよくなってくる。人様に不快を与えない程度ならそんで良し。と、
なってくる。

しかし・・・腰や膝があぁぁ・・・最近痛い・・・
体重を落とし、筋力をつければよいことはわかっている。
わかっているんだよーーー

とりあえずアイスを止めてみるか。な?
d0117776_21111964.jpg
d0117776_21105892.jpg


狭いところに挟まって寝る、さとり嬢


「他者と自分を比べること」

  「過去と未来を思い煩うこと」

この二つが、だいたいの悩みとか不安とかの原因だ。

いや、ほとんど全ての。と言った方がいいぐらいだと思う。

「比べない」「今しか考えない」

そうすると、いつもクリーンな気持ちでいられる。

犬って、こうだよね。

だから可愛くて尊敬する存在なんだと思う。

私にとって。

こんな変な所に寝て、誰かに何か言われないかな~?笑われないかな~?なんて思わないんだよね。
d0117776_2049627.jpg


①最近、仕事が忙しい・・・のか?忙しく感じているのか?

とにかく煽られている。

そんな風に一日テンパッていると、夜はぐっすり寝るぞーー!と思っても、目がギンギンに冴え、なかなか寝ない。
興奮が続いているのだと思う。
それで深夜まで起きて、朝早く起きる。を繰り返す・・・身体は疲れているのだが、目が冴え渡る。昼間眠くなるが煽られる。という悪循環が続く。
早くベッドに入ればいいのだが、それさえも難しい。脳が何かを求めて暴走している感じになる。

たまに、こんな風に芝生にゴローンなんてしてみたいけど、さとちゃん風には中々できないなー。

涼しくなって元気いっぱいのワンコ達。

涼しくなって食欲暴走中の私・・・栗ごはん山盛り2杯食べて、パンも食べちゃったよ~(T_T)

②先日、写真を見るといろいろわかっちゃうという人にチップの写真を見せた。

そーしたら、こう言われた。

「このワンちゃんは、沢山眠って自分で体調を調整しているみたい。今みたいに、なにも強いられない生活が本当にありがたい。って思っているわ。」

びっくりした。何にも言わずただ写真を見せただけなのに。でも嬉しかった。
以前は、競技していたんですー。と、言ったら・・・

「え!?これが、この犬が・・・?」と、びっくりされた。どーゆーこっちゃ。

さとり、クラウドの不調部分まで当てられてびっくりしたが、死にかけたチップに関しては前述のとおり「自分でなんとかしてるから大丈夫だ。」とのこと。
せいぜい邪魔しないようにしたい。

本当は人間のこと見てもらいにいったんだけど、面白半分だったし、私は人間の写真はすぐ消去してしまうので、あまり持っていなくて仕方なく犬を見せた次第。

いろいろな人が世の中にはいるもんだなー。でも面白かった。

③どっかに行きたい。どこか自然が綺麗な所に住みたいと画策中だが、本当に引っ越すとしたら地元の人の雰囲気なども気になる所・・・。波長の合う場所とヒトの住むところがどっかないだろーか。
そういいながら慣れ親しんだ会社とサヨナラするのは、やはり心情的に難しいもんだなー。と、本気になるとグッとくる。

まぁ楽しみながら気長に探してみよう。

遊びと言えば、今年一番の収穫は、畑仕事が楽しかったこと。夏の暑いのは参ったけど、最近は涼しくて長くいられる。

失敗は、畑にいっぱい生えていた「スベリヒユ」を雑草として抜いて捨ててしまったこと。あれ美味しいのだ。山形、沖縄では普通に売っているし、食べるらしい。ということで、さっそく食べた。美味しかった。カラシ醤油和えがいいね。
不思議なことに雑草と思うと、最初の一口に抵抗が・・・。でもクックパッドにもレシピ載っているし、絶対大丈夫なはず。何も問題なく美味しい。もうこれで犬の仲間入りかも。
そーいえば、ジャコウネコのウンココーヒー豆が高値で取引されているらしい・・・ネコフン食べる犬を誰が非難できようか・・・でもヤなんだけどねHOHOHO。
7月末頃に終了した治療

噛み合わせもバッチリで何の違和感もなく快調

でも、快調過ぎて調子にのった(*_*;

ゲンコツせんべいを食べ、歯に着いたのでゴリゴリこすってしまった。

あんまりシツコクひっかいたら、次の日、最後の日に詰めたものが取れた・・・馬鹿である

電話するとお盆休み真っ最中でも、ちょうど担当の先生がいらしているということで

3日後ぐらいにいってきた。通常にやっているかと思ったら、S先生一人にパラパラと衛生士さんという状態。

私の両脇には、「すごく膿んでますね~」「う~ん、この状況でいじると痛みがでますから・・・」とか言われている重症そうな人ばかり・・・

それにしてもS先生しかいない・・・やっぱり皆お盆休みなのだ・・・

そこへもってして私のような緊急予約な人達がいっぱい来ているのだろう・・・

右にいき、左にいき、いつもより沢山待つ。そう思ったら、また別の人が座っている。

まったく申し訳ない・・・と思いながらも治療が終わった・・・終わったけど、S先生の気配は去らない。

へ?と思ってソッと横を向くと、魂抜けたように背筋をのばしたまま座っている。

慌てて「あああ、ありがとうございました。」と再びいうとハッと我に返ったみたいに、いつもの表情にもどった。

あまりの忙しさに一瞬魂が抜けてしまったのだろうと思う。

たぶん高給取りなんだろうけど、やってられんの~。
休みも少なそうだし、長時間労働だし、イライラしたところ見せられないだろうし・・・
やっぱりお医者さんは頭脳のみならず、心身共に通常の人よりハイレベルでないとできなそう。

頑張れ、S先生!
そして・・・生涯、私のメンテよろしくお願いいたします。なんて、我儘な患者ばかりよ~ん。
ソチ・オリンピックが終わった・・・

そして世界選手権も終わった・・・

ソチでの大ちゃんの演技は、いつもの調子がでていなくて残念だった。

しかし、それも仕方ない。怪我していたので完全に復調していなかったのだろう。

とても、おそる、おそるな感じの体の動きだった。

例えば、いつもは90度曲げるところが80度ぐらいといった感じ・・・

怪我前のNHK杯の本調子時の演技から比べると非常に残念だった・・・

だたし、普段特に彼を見ることが無い人には、わからないであろう、上手にまとめた演技だったと思う。

それでも6位とは素晴らしい。が、これが最後だと思うと正直悔しかった。

フリーのときは夜中起きて頑張ってみた。

大ちゃんの演技が終わるとともに脱力し、あぁ、いつものアレを見ることができなかった。でもよくやった。
と思った。

続いては羽生選手の番だったが、演技序盤でブチッとテレビを消した。

あまりにツマラナイ・・・ジャンプは上手だけどね・・・
羽生選手の演技でリピートしたいと思ったのは、おととしの世界選手権のもののみ。
あれは鬼気迫るものがあり、素晴らしかった。
今は、本当にツマンナイ演技。

さて、エキシビション。
大ちゃんは推薦で出場。フランスの解説者が、しゃべくりまくるアナウンサーに、ちょっと黙っててきなコメント。「これが世界大会で彼を見られる最後かもしれないんだからっ!」って。

ホント・・・同意ですよ。

今日は、面白いニュースをみつけた。
大ちゃんが、世界選手権への欠場が決まった途端、チケットを手放す人続出。
推定だけど3000席以上のチケットが手放されたらしい。
その前は200席ぐらだったというから、10倍以上だ。
やはり、大ちゃんを見に来る人が多いのだ。

オリンピック後に、特にスケートファンではない人達とおしゃべりしていた。
「高橋大輔選手のは、芸術。他の人のはスポーツ。」と説明したら、他の人が
「そう、高橋選手のは、お金を払って見に行く価値があると思う。他の人のはテレビでいい。」と言っていた。

まさに、そのとおりの現象が起きた。

しかし、その反面、嬉しいニュースも・・・。
世界選手権欠場ということは、ここはじっくり怪我を治して、その後を考えているからだと思う。
韓国のオリンピックは行かなくていい。
だけど、引退は嫌だ。困る。
アイスショーではなく、選手としての彼の演技をまだまだ見たい。

ジャンプの葛西選手が競技を続ける理由が「金メダルをとっていないから」らしい。

だったら、大ちゃんが現役続行ならソチで金メダルじゃなくてもよかった。

今後も楽しみにしたい。
最近、頭が痛くなるので、夜PCは30分以内にしている。

あと、酒はまた飲めるようになった。飲めるし美味しいと感じるのだが、飲むと体が痛くなるようになったので、ほとんど飲んでいない。(以前に比べて)

それで、今日から禁酒するって誓ったら・・・

新年会で久しぶりに飲んだとき、調子に乗ったことを言ったみたいです・・・

「宴会する。幹事する。」って。

今日、誓った途端・・・「いつ?」って、聞かれて、「え?なにがーーー。」って。

すっごい楽しみにしてる。ってニコニコしながら人生の大先輩に言われちゃって・・・

あー、はい、もー、すぐ。って。返事しちゃった私。

「えっと、でも、あのー、どういういきさつでそうなったんでしたっけ?」

ホント、まったく覚えてない。

先週、大恩人の宴会も断った私。だって大恩人だけど大酒飲みだから、行くと私もスンゴイ飲んじゃうから辞退させてもらった。

と、そのくらいなのに。

でも、やりますよ!

もー企画しちゃいますよ。すでに種まいてきましたよ。

メンツも店も当たりつけましたよ。

酒飲まないでジュースで楽しんでやる。勝負や!
年末にフィギュアスケートのオリンピック日本代表が決まった

大ちゃん、まさかの・・・もしかして・・・え?ダメなの?

と、ハラハラさせられましたが、無事、代表に選ばれました。

あーーー、よかった。

仕事中も、顔には出さないけど(出していないつもり)、ついつい・・・どうしよう、ダメだったらどうしよう。と

ネガ入っていました。

でも出なかったら、世界中のファンが泣きますぜ(T_T)

もう、選手としての演技、たぶん最後だろうから。

絶対、絶対、今度のオリンピックでは金メダルあげたい。
んーーん、あげる。

さっきも動画見てたら、ブリティッシュユーロのアナウンサーと解説者が
「あぁ、美しい。んー、美しい。」
「もう、ちょっとした一瞬一瞬がたまらなく美しい」

って。ウンウン私も同感だよ。

「首グルグル回して。難しいんですよ。あんなに振ったら普通バランスがとれない。でも彼はできる。」

って。ウンウン私もそう思うよ。

一人画面にうなずきながら「俺達気持ちは一緒さ」と盛り上がる。

本当は勝ち負けなんてどうでもいい。ジャンプもどうでもいい。

ただ音楽とピッタリ合った流れるような氷上のダンスを、いつまでも見ていたい。

でも、時間がたつと終わってしまう、だから瞬きするのも惜しいくらいジッと息をこらしてみる。

そんな素晴らしい時間をくれる大ちゃんにお礼として金メダルをあげたい。

どうか最高の演技ができますように(祈)
母親に頭にきた!

親と気が合わなくて別居したのに、なんで今になって同居しなきゃならないのか。

とにかく実母との同居は難しい。というか、はっきりいうとイヤダ!

落ち着こうと思っても、子供のころからの恨みつらみ。というか、不満や不信感がドッとでてくる。

それが何気ない一言で火が付き、もう言いだすととまらなくなる。

人間は怒って当たり前だが、それは最長90秒ぐらいのことらしい。

それ以上続くのは、感情にコントロールされているだけらしい。

あの、イエス・キリストも怒ったらしいが、怒ったらすぐ鎮火する。それが正常な人としての機能らしい。

いつまでもいつまでも不機嫌でいるのは、過去の・・・現在で有りもしない妄想と関連付けられる感情に支配されちゃってるかららしい。

つまり、母親が言った何気ない一言とかに、過去の妄想の産物である感情たちがワーーーと大騒ぎし始めると言うことだろうか。
たぶん、そんな感じなんだろう。

だって客観的に見たら、発したのはただの文字の連なり。

だから、全然関係ない人には、たとえば「そんなことできない」という発言にたいし、「あぁそう」ぐらいの感想しかもたないと思うが、そこに私とかは、いろんなものを見ちゃう感じちゃう恐れのための自己防衛が発動しちゃうのである。

ああ、また文句言いだす、とかね。
また文句か。と思うと、だいたい自分は子供の私にこうだったくせに、自分が年をとると、逆のことを言う。やる。とか、どんどん負のスパイラルに入って行く。

言われている本人は「???なんでそんな話になるのか???」
と、思うかもしれないが、そんなふうな感情を形成するように育てちゃったし、対応してきたのだから仕方ない。
私もやりたくてやっているわけじゃなく、もう自動発動しちゃうのだ。

やだ!と思ったら噛みついちゃう。という犬と同じだ。

これはできたら母親にPONOPONO式で私に対応してもらいたいところだが無理だろう。

私の方も、過去の妄想や恐れに振り回されないように、今日のことは今日!と思って生きるようにしなきゃ。
今の発言とか行動は、私の恐れとは何の関係もない。と心しておかないと。
でも母親はすぐケロリとしているところがまたムカつく。

とにかく母親といるときは、何も考えない。

そーだ!馬鹿になればいいんだ!阿呆になれ私!

「大人より子供の方が大人である」と、先日の講演会で聞いた・・・

このことから、気付いた私なりの考えみたいなものなので、あんまり読まないでくださいm(__)m



生まれた時は、肉体の誕生で英知の死が始まる瞬間

なぜ元々ある英知が奪われてあるいは隠されていくのか・・・

この世のいろいろな仕組みから身を守るために作られる自我のせいではないだろうか

その自我は、恐怖と不安からできている

人間は、その自我のおかげでこの世の社会では、上手く生きて行くことができるが

本来持っている英知を忘れる。ということと引き換えだ

だが、ペットは、恐怖と不安からできている自我を育てる必要はない

この人間社会を構築しているルールに従わなくてもペットとして愛護されて本来は生きてけるはずだからだ

しかし、最近は、しつけと称して、人間社会のルールに乗せようとする

そして育みを、何かを教え込むこと。と思っているこの社会では、

当然のように人間と同じ仕組みで構築された「恐怖と不安からくる自我」を育てることになる

今の世の中は、快適ではない

むしろ、窮屈で不幸で間違っていると思う

戦争や争い、環境破壊、まき散らされる病気、必要以上に何かを欲しがり、本当の幸せさえ知らない

それは今のこの世を構築する考え方自体が正解ではないからだろうと思う

誰かが悪いのではない。それはそのような考え方を皆が教えられたから。

悪いことをしろ。と教えられたのではなく、今の社会を構築する思考方法で物事考えるように教えられたからだと思う。
足し算や引き算って本当に重要なのか?みたいなこと。


教育に対する考え方が変わらない限り、破滅へ向かってまっしぐらな気がする

真の育みとは、教え込むことではなく、もともと持っている英知を花開かせること

もともと持っている素晴らしく優しく賢く自由なそれを歪んだ思考で奪うことは、まったくもって勿体ない

が、本来持っている英知を育まれてきたような人間はまだ今の社会では生きずらいだろうな

でも、ペットだったら、そんな本来もっている英知をそのまま愛でることが可能であると思う

訓練やトレーニングで、それらの英知を、恐怖と不安からできた自我にとってかえてしまうのは本当に勿体無いことだと思う

人間であればほとんど見ることができないものを、そこに見ることができるかもしれないのに
先日「胎内記憶」の池川明先生の講演を聞いた。

音に関する講演会だったので、胎内の音。胎内から外界の音がどのように聞こえるか。など、たくさんの音を聞かせてもらった。

面白い話はいっぱいあるのだけれど、どんな記憶があったかという話以外に私が最近疑問に思っていることにヒットした内容が2つあった。


①科学(今の社会を構築している理屈)って、やっぱダメなんじゃー?

お母さんがハミングすると、胎内ではどのように聞こえるのか?という音も聞かせてもらった。
胎内の雑音とともにお母さんのハミングが聞こえた。

「ハミング聞こえましたよね?」

と、先生が質問。

もちろん聞こえた。

「これを、ある高名な科学者は否定します。(科学的に聞こえるはずがないから、)聞こえません。というのです。」

と・・・

どびっくりした。

「胃では聞こえないから、子宮でも聞こえるはずかない。」という理由らしいですが、胃と子宮では入っているものが違う(空気か水か)のに、聞こえない。とテレビで明言されるそうです。

医者のレポートも、こんな感じモノが多いですね~。と、言っていました。



②常識って何?

以前は胎内記憶を話す子供に対し、家の子供は頭がおかしい。または変なことをいうと世間からつまはじきにされる。ということで「そんなことは言うんじゃありません。」という、親に否定され子供は傷つくというパターンだったそうです。

でも、今は逆で「家の子は胎内記憶を話してくれない。」という親が多いそうです。

この間10年足らず、10年で常識なんて変わってしまいます。常識なんてその程度のものなんですよ。


常識が自分と合わないと思っても気にすること無いですね。