<   2013年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さとり

今日はちょっと早起きして5時過ぎに家を出た。まだ暗い。
さとりは最近、朝ごはん前に散歩しているが、そのほうがいいみたい。
帰ってきてから一人でゆっくりゴハン食べられるしね。

途中何度か立ち止まったが、ゆっくりお散歩できた。
ネコフンは探しているよう?だが、食べなかった。

外飼いの家でいつも吠えられる場所がある。
今日は吠えられて小走りで通り過ぎた。
いつもはそうでもないのに・・・本当はすごく嫌だったみたい。
Mプードルに会う。
遠くから見たらだれかわからなかったようで、引っ張りだす。
しかし近くに来たら知り合い犬とわかったようで、急に知らん顔。

昨日も初めて見た大きな白ミックスに、フリーズしていた。
しかし、フリーズを無理やり解くと、よけて地面の匂いを嗅ぎだした。
白ミックスくんは、首輪ひっぱってハーハーである。久しぶりにあんなハーハー犬をみた。
さとりに近寄りたそうにクンクンしながら、引っ張られていった。
さとりは避けて見ていた。


チップ
具合悪そう。薬を飲んでいるせいか?散歩行きたくなさそうだったが歩きだしたら、お散歩モードになった。
さとり

向こうから黒柴くんがやってくるのが見えた。

黒柴くんの飼い主は、さとりと私を発見し「おすわり!」とか、言ったりして揉めている。

さとりは、左横の広場へ軽くよけて、匂いを嗅ぎ始め、その後オシッコ。

近づいてきた黒柴くんを大きく迂回してスルー。

黒柴くん一行は、「まて!」とか、やって首輪引っ張るもんで、黒柴くんガウガウ状態になって暴れている。

さとりは、少しだけ振り返ってそんな様子をみて、その場を後にした。

テンパリ行動は、まったくでなかった。
さとり

ハーネス&リードでお散歩中の猫さんの横をスルー
ちょっとスピスピ言っていたが、きれいにスルーした。

シグナルを理解する、おとなしい隣の犬に会う。
さとり茂みをゴソゴソして、ボロボロのテニスボールを拾いだし、遠くに彼女が見える場所で一人遊びを始める。

彼女が近づいてくると、サッと離れ、ボールを譲る。

彼女がボールの匂いを嗅いでいる間、パパさんにご挨拶。

あんまり興味無さそうに、ボールから彼女が離れると、さとりは戻ってまたボール遊び。

面白かったし、安心して見ていられた。


チップ

チップのことを大好きな、ケアン男子を完全無視。
さとり

朝は、ちょっとで帰ってきた。

夕方散歩。私が帰ってきてから散歩に行ったので、出だしは興奮気味だ。

風が強く暗くなってからの散歩なので、慎重に行きたい。

先日レッスンしたときのように、自分の歩く速度に注意してハンドリングしてみた。

そうすると大変うまくいった。

犬の歩く速度や犬を止めることではなく、自分の歩く速度に注意を向けると自分も落ち着くし、とてもよい。

怖がりなので風にあおられる物に、ビクビクしていたが、驚いて突発的な体の動きをすることが無かった。

さとりは家に戻ってからも、いつもより落ち着いていた。
今日は、チップのグルーミング初級講習をしてもらった。

出張トリミングのMYUさんだ。

MYUさんは犬にストレスのないトリミングをしたくて自宅出張トリミング、飼い主さんへの講習を行っているそうだ。
サロンのやり方には、どうしても馴染めないそうである。

6か月ぐらいサロンに行っていないし、1か月以上洗ってない状態でお願いする。

でもカットは自分でチョコチョコしてます。と、言ったら、okでした。

まず、普段使っている道具を見せる。OKをもらう。
爪切りは切れ味がよければ何でもよいそう。爪やすりについて聞いたら、大型犬用のものがgoodとのことだった。
今の爪カット状態でok!とのこと。

次にブラッシング。私のは細かくやりすぎていた。結構大胆にブラシ。
チップは嫌がっていないし、嫌になったら離れてフラフラしたり休憩したり、勝手にしている。
それもokだ。
その間は、レジュメを見ながらお話。
そのうち自分から帰ってくる。

わきの下の毛玉ゾーンなどは、バリカンでカットしちゃう。
私はバリカンの使い方を間違っていた^_^;上下逆でした。

おなか周り、へその緒周りもカット。

お尻の穴の周りもカット。上下を短く、バリカンを浮かせることがコツ。

尻尾の先もカット。

お顔カットは今の状態でok!とのこと。

耳毛は、指先でこするだけでとれる。ゴムサックしてやると尚goodとのこと。
テレビ見ながら毎日少しずつでokとのこと。

肛門腺は、ちょっとたまっていた。場所がわかったので後でトライしてみることにした。
温かいタオルなどで暖めてあげると出やすいとのこと。

高い台は使わず、ずーっと床の上でやっていた。
おやつをあげたり、ソファで勝手に休憩したりしながら、いつも戻ってくるチップ。
最後は美女二人に囲まれて床の上で眠ってしまいました!(^^)!

あっという間に1時間。早かった。
さとり

朝ごはん前に散歩にいった。
いつもは、それでも結構歩くのに、今日は芝生広場で木の枝で遊んで、ちょっとウロウロして帰ってきた。
ネコフンも探さなかった・・・・

チップ

ちょっと速足だったので、ソフトに止めたつもりが、結構、舌ペロされてしまった。


クラウドはダンナが散歩

クラウドは、ここのところ妙に甘えてくる。


レバーケーキ
今日は久しぶりにレバーケーキを作った。
レバー+卵+小麦粉をフードプロセッサでガーッとして、ホットケーキのようにフライパンで焼くだけ。
簡単である。
これを作り始めると、全員台所に集合となる。少しさました出来立てのヌクヌクを摘み食いさせてもらうためだ。出来上がるまでが少し辛抱・・・。
最近の、さとりの様子について思い当たることなどあったので
記しておく。

落ちているネコウンやティッシュ、ゴミを探してはたべている
ので、汚ない(>_<)と、思っていたのである。
さとりそのものも。
ウンをパクっとしたあとの口なんかに触るのも嫌。

これって影響ありそう。
だけど、バッチイ、気持ち悪い。という気持ちは、どーすれば?
by tippurin | 2013-02-11 17:52
ディープな1日だったし、面白かった。

さとりは、帰ってからしばらくすると、また暴れだした。
クッションにマウントしたり、唸り声をあげたり
どーも面白くないらしい・・・
クラウドがサッと私との間に入り壁をつくったぐらいだ。

今日のディスカッションでの反省をこめ、考えてみた。
そして久しぶりに二人きりになってみた。
すると、ストンとオスワリして静かにしている。
ので、「どうしたの?ごめんね。何か面白くないね。ごめんね。」
と、小声で耳元で行ってみた。

そうしたら、久しぶりに 私の腕舐め&ニッピングが始まった。
かなり長い間、舐めたり噛まれたりしていた。
あー、こうやって二人きりで静かにしていたりしたいんだな。
だから今朝の散歩で近所の人と立ち話していたりしたとき、お茶の実をガリガリ齧り始めたり
してたんだなー。と、単純に思ってしまった。

しばらくしたら落ち着いた。

明日からお散歩は二人の時間感を大事にしてみようと思った。
1週間ほど前に見た夢が、非常に面白かった。

私はアルゼンチンの若い男性兵士。
軍での仕事は、軍用犬の訓練。
私の担当した犬は、黒毛の多いシェパード。
5歳のオスである。
骨太で整った顔立ちをしている。
私は犬を見つめ、こう思っている。
「訓練通りに立派に勤めを果たし、最後は死ね。」
迷いのない気持ちでそう思っている。
実際は自分のほうが先に戦死してしまうのだが・・・

他の研修生のJKC訓練のレポートを読んでいて、この夢を思いだした。

まさにJKC訓練の犬への考え方がコレだと思った。

「死ねと言ったら死ぬ犬」を育てるのである。

軍用犬を育てるコンセプトと変わっていない。

それを現代のペット犬に、そのまま当てはめようとしても無理がある。

それに実際には軍用犬は、神経症になったり、おびえたりして戦場では役に立てなかったようである。

つまり犬って、そういうものじゃないって、昔に証明されているのに

まだ、そんなことやっているんだ。しかも大きな組織で大人数で・・・と、考えると、まったく犬たちが哀れでならない。結局「飯のタネ」なだけだ。
いつまでも伝説や「こうあればいいのに」という虚像に縛られている。
事実を見ないで、白昼夢を見ている。


職場で若いチームリーダーが更に若手に指導していたが・・・
「お前は死ねと言われれば死ぬのか?自分で考えて行動しろ。」と、言っていた。

何かいろいろシンクロするなー。と、思った。


そんな人も犬も存在しないと思う。
by tippurin | 2013-02-09 15:21
クラウド
夜、鼻先になにかついてる?と、思ったら、血の固まりだった。
黒シバに噛まれたらしい。
やっぱりシバは、要注意。突然くる。
子供の頃飼っていたシバは、本当に大人しく思えたので、最近のシバの様子を見ると
不思議に思える。
犬が変わったのか?人が変わったのか?環境が変わったのか?
それとも思い出の美化なのか?

今朝は、クラウドのリードを持った。
ネコウンがあっても、匂いをかぐだけ。パクっと口にしたが、プッとだす。
黙って見ていると本当に面白い。
しかし、雨の日のぐちゃぐちゃウンチは、食べてしまったそうである。

さとり
うなずきが、足りなかったかと、多くしてみた。
そうしたら割と、満足そうである。


チップ
前半、テンション高し。
どうもお腹の調子が悪い。
後半は、ゆっくり散歩できた。
そーっとブラッシングしていて、てを休めると、
もっとやってくれ。と、催促される。
チップの催促は、可愛い。前足でトンと手に合図する。
お話ししている気分になる。
でも訓練世界では、犬に舐められるから、やめよう。などと解釈
するのだと思う。
また、そんな戯れ言を言われても、そういうものなのか?
などと考えていたころは、頭で考えて、その言葉を
受け止めていたのだ。
この場合、信じるべきは感性だと思う
判断するのは感性で、その判断を、どのように実行するかとか、
考えるのが、頭の仕事じゃないかな。と、思った。
感性を培う。とか、大事にすることって、芸術的なことだけ
ではなくて、生きていく上で大事なことだ。
本当に大事なことを判断する、見抜く力でもあるから。
by tippurin | 2013-02-09 11:08