<   2013年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

このPONOPONO式お散歩日記を始めて、とうとう1年を超えた~!(^^)!

犬も変わったが、人も変わったかも・・・なんと、とうとうダンナが変わったことがあった。

最近チップは、オシッコが以前に比べて多く、よくはずすようになった。

先日も、オシッコシーツから、はみだしてオシッコしちゃった。

あらら~と心の中で思ったが、そのときハッとした。傍にいるダンナがギャーギャー言わないのである。

「ほら、こんな風にしちゃうんだよ・・・ブツブツ」と、言っていたが・・・

この間までギャーギャー言っていたのと大違いである。

「あれ?騒がないね?」と、言ったら、「あきらめた」そうである。

そして、オシッコが絨毯に漏れたのを必死になって拭いていない。
この間まで、ものすごい勢いでお湯をかけて吸い取って拭いて。とか、高速でやっていたのに・・・

オシッコが終わるまで待って「おれに対する嫌がらせだ」と、小声でブツブツ言ったのみ。

私が、オシッコシーツで吸い取っていたら、もうそれで良し。みたいに何もしなかった。

あきらめた。というより、受け入れたのだと思う。エライ、エライ。


今日は久しぶりに3頭とも散歩した。


クラウド散歩

1時間近く、まったり散歩
小さな犬などみると、以前は必死に近寄ろうとしていた。
しかし今日は、始めて会うシュナウザーが5~6mほどさきを通り過ぎたが、完全スルー。

途中から、mプードルと一緒に散歩

mプーちゃんもPONOPONOリードとハーネスを使ってくれている。
テンション高めの子で、以前はクラウドに前足をかけていたりしたが、今日は少し離れた所から匂いかぎなどして静かに接していた。

帰ってきて玄関外で足を洗う。とてもよい子にいしていた。
玄関を開けると飛び込んでいくクラウド。なぜかそうなのだ。
だからちょっと前まで、ダンナがハーネスを掴んで入れていたのだが、外で足ふきなので、ハーネスを掴んでいる必要はもうない。
「はい、どーぞ」と、入れちゃう。
バビュンと飛び込んでいくクラウド。でも、いつかそれも変わるかもしれない。
それで、いいや~。




さとり散歩

芝生広場で、超巨大犬Mくんと会う。
もう、相当おじいちゃんである。

さとり、フリーズしていたが、しばらくすると、例の形・・・頭をアカベコのように下げ、ゆるゆるっと弧を描きながら近づいていく。
近くにくると、Mくんの周囲で、2度ほど半グルしながら、パパさんの元へ。
パパさんに撫ぜてもらい、その後、3mぐらい離れたところでオスワリ。
Mくんもフセて休んでいる。

しばらく、2頭ともジーっと同じ方向を向いて動かない。
だから、私たちは離れた所からおしゃべり。

さとり動き出すが芝生広場の中をまったり匂いかぎ&草食べ。
これまた動き出したMくんの後ろについて歩く。
Mくんは大きな病気を何度かしたので、あまり近寄られるのが好きではない。
なので、「あら、あんまり近づいたらダメよ~」と、思い、一瞬リードを固定すると、振り向いて「わかってるよ」って、言われた気がする^_^;
そしてMくんの横を、何事もなかったかのようにスーッとスルー
道幅は2mもないから、2頭の間は30㎝あったかどうか。さとり大人になったね。

そのご、メイちゃんに会う。
Mくんの同居犬だ。
メイちゃんも、おばあちゃん。
二人とも人に撫ぜてもらうのが好きで、さとりもメイちゃんのお姉さんにベッタリ。
メイちゃんは、私にいつもの撫ぜろ催促。
「おとなしいね」と、言われ、つい「おとなしくないのよ」と、言ってしまった。ら・・・・
さとりが屈んでいる私のほうへズンズンきた。
「あーー、ごめん、そうだね。おとなしいよね。」

メイちゃんとさとりは、お尻をくっつけてオスワリして、ジーッとしていた。
私が撫ぜる手を止めると、2頭して、前足で「もっと」と、催促してくる。

しばらくして、「行こうか?」と、いうと静かに帰って行った。

帰り道でもコーギーYちゃんと会ったが、鼻挨拶のみで、そのままスルッと家路に。

ほとんど歩いていないが、本人は大変満足したようであった。

玄関外でも静かに足を洗わせてくれた。



チップ散歩

チップは今日、具合がよくないみたい。
玄関の段差もおりたくない様子。

抱っこしておろして散歩に出たものの、左後ろ足が、どうもおかしい。

それにすぐ立ち止まり、ボーッとし、舌をペロペロ。

目の前をネコが横切ってもボーッ。

少しウロウロして、またボーッとして舌ペロペロなので、抱っこして帰ってきた。
すぐに爆睡している。


おじいちゃんになっちゃったのか?心配。


今日は、どの子が帰ってきても、残っている2頭は皆、まったり寝そべっていた。

本当に大変落ち着いている。

いったい何があったのか?

今も家の中は、シーンとしている。
夕方散歩は、ランへ行った。

ラブのスズちゃんだけいた。

最初に皆で一走りしただけで、あとはほとんど動かない。

さとりが、やっとゴロゴロしているぐらい。

スズちゃんのおじいさんが、「この子が来てから、生き物全部が可哀想になった。」
と、言っていた。
いとおしく感じるという意味だと思う。
まったく同感。

本当はお孫さんの犬だが、若いお孫さんは、まだまだ
自分のことで精一杯で、犬の世話はできないようだ。
でも、大家族なので、それでも大丈夫なのだ。
時間と愛情が溢れた者が助けてくれる。

「やっぱり動物は、家族が多いいえで飼ったほうがいいね。」
とも、言っていた。
きっとよき家族なのだろう。
私もそう思う。

スズちゃんは、テンションが高い子がいると「ランに入りたくない」と、
必ず、おじいさんに告げるそう。

とても良いコミュニケーションがとれている素敵な関係だなー。と、思った。
by tippurin | 2013-03-30 20:35
さとり散歩

ウンチしたいようだったので、朝ゴハン前に散歩

ゆっくりとお散歩した。

今日はティッシュをパクリはやらなかった。

テイッシュのほうへいきそうなとき、軽くリードで止める。その家に入っちゃいけないよ。と、同じくらいの強さ。リードを握るぐらいで大丈夫。

そうするとまったく抗うことなくスルーする。


最近とても落ち着いているが、何かあったのか?

というか、小さな積み重ねが、やっと現れてきたのだろう。

PONOPONO式の特徴で、何かやったっけ?何かあったっけ?と、考えても、何かはあるのだが、これだ!というようなことは思い当たらない。

特別なことは何もしていない、日々のほんの小さなことの積み重ねだから、気がついたら行動が変わっていた。あら?そういえば悩んでいたことはなんだったっけ?となる。

逆に、そうなっているということは、その人自身のクセや習慣も治っているということではないだろうか?
そうなって始めて、人&犬ともに、身になっていく。



チップ散歩

小雨降るなか、トコトコたくさんお散歩した。

チップの大ファンのケアンくん。
チップは、完全無視していたが、最近、ちょっと挨拶に 行くようになった。
今日も途中から一緒に散歩。
戻ってきて、足シャワーしてから、即寝。
無事?期末も終わった?まだ?

忙しいときに限り、プチ・トラブル続きで、心臓がドキドキした1日だった。

結局、みんな忙しくなるし、いつもと違う日だし、緊張しているし、ミスも多くなってしまうのだ。

ジェットコースターに乗っているみたいだった。本物は怖くて乗れないのだけど・・・

しかも暑くなったり寒くなったりする、体調もおかしくなる。


そんな中、今日は二人とも帰ってきたのが遅かった。

さとりペア、クラウドペアで同時に散歩にでた。
こういうときは、チップもスリングに入れて連れてゆく。

わーっと、帰ってきて、皆でゴハンを食べて、さぁ散歩!と、なったとき急に1頭でポツーンと残しておくのが仲間外れ状態みたいで可哀想だからだ。

もちろん大型犬散歩が終わったら、またチップだけ連れてゆく。

やはり、前回の硬直日から何か変わったように思う。


近くの広場の桜が夜空に怪しく・・・とてもきれいだった。
もと植物研究所だったところで、桜の大きさが尋常じゃない。

そんなところにチップと私、二人だけ。

まったく贅沢・・・ここに熱燗でもあったら最高・・・と、思ったが、飲み食いしながら桜をみても
あんまり感じ入らない。

黙って静かにみているほうが、より桜自体を楽しむにはいいな。と、思った。
満開の桜の大木の下に入ると、ほんのりポーッと温かくなる気がした・・・気のせいかな?


でもチップは、桜には興味無いらしく・・・そんな私を不思議そうに見上げ、そのあとは匂いかぎに熱心だった。

疲れているせいか眠気は襲ってくるものの興奮していて目がギンギンだーーー

明日も早いので寝ようzzz
さとり散歩

とりあえず芝生広場にいって1周したあと、堅そうな木の枝が転がっていたので、

「これで遊ぶ?」と、差し出したら、遊びだした。

いつもそうだけど、齧りまくったあと、背の下にして、ゴロリゴロリが始まる。

ひとしきりゴロゴロしたあと、お散歩が始まる。

今日は、ゆっくりまったり、落ち着いて歩いていた。

ときおり振り返り、ニカッと笑う。

お散歩中のネコのメイちゃんに会う。

さとり、遠くから見て、頭と耳をピーンとあげて一瞬緊張していたが、ゆっくりと頭を下げる格好で歩きだす。

この姿勢になると落ち着いている。ということが、私にもわかってきたので、ゆっくりとメイちゃんと、ママさんに近づいていく。

メイちゃんは、隠れてしまうけど、さとりは歩調はそのままで、ゆっくりとママさんに到達。

しばらく撫ぜてもらいご満悦。

さとりがママさんから離れて近くの匂いを嗅ぎだすと、メイちゃんがでてきた。

ちょっと振り向いて、メイちゃんを確認し、家路につく。

しかし、すぐ近くの家の庭に、いつものノラネコちゃんが座っていた。ネコオンパレードだ。

さとり、鼻をスピスピ鳴らすが、そのまま帰ってきた。
今日も5時起き

ベッドに座って着替えだすと、チップが起きてきて傍に来て甘えだす。

すると、クラウドも来て、甘えだす。

チップがウーウーうなる。クラウドの体が自分の近くにあるのが嫌なのか?

自分が甘えているときに、一緒に来られるのが嫌なのか?

クラウドひとしきり甘えると、ベッドに飛び乗り、顔をグリグリしだし、ゴローンところがりお腹をだして
寝転ぶ。

寝転ぶ時、チップの体にトーンと接触・・・それはチップを怒るよ

チップも飛びかかろうとしたけど、クラウドがお腹をだしている状態だと飛びかからない

匂いをかいでおわり。

でもクラウドは、どっか空気読めない。それともワザとか?

さとりは、その間、ずっと布団の中にもぐったまま。





さとり散歩、チップ散歩

散歩中は、ほとんど何もない。ゆっくりトコトコ歩いていく。
今の職場に異動したきたばかりのころ、態度の冷たい人がいた。

しかし、むかーしむかし会ったその人は、そういう風じゃなかったように思う。

なんかカチンとくることばかり言うし、カンジ悪と思ったが・・・

一緒に働くわけだし、こっちは年取った新人だし、とにかく焦らず、ふつうに礼儀正しく接し続けた。

今では、私にとって「良い人」で「信頼できる人」になった。

とても無防備な笑顔で笑うようになった。

何かが彼を頑なな態度にさせていたのだと思う。

この間、1年以上はかかった。
しかし、気がついたら、良いコミュニケーションをとれるようになっていた。

相手の嫌がることをせず礼儀正しく接するところがポイント。

ponopono式は実証されたhahaha



その人は善人だが、やっかいなクセがある。

そのクセとは・・・「クソまじめさ」であると思う。
正直で、気になりだしたら、とことんこだわる。

正直な人の言うことは、耳触りよくないことが多いかもしれない。

だから面倒くさがられたりして冷たくされると本人も冷たくなっていくのではないだろうか?

偽悪家と偽善者

遠ざけているのが偽悪家だったら、もったいないことだと思う。




さとり散歩

今日は5時起きだったので寝ぼけながら歩いた。
さとりは相変わらず匂いかぎに熱心で何かを探しているようだが、以前ほど食べないきがする。
私が慣れちゃったのかピークが過ぎようとしているのか・・・不明。
40分ほどで帰ってくる。



チップ散歩

チップ良いウンチ。でも、なんとなーく覇気がない。
近所のワンコ達も具合が悪い子が多い。
ゴハンを食べない。というのが一番多いみたい。
チップも食欲が落ちている。


近所のニコニコワンコさんがガン手術の末、安楽死となったらしい。
本当に性格の良さが前面に出ている子だった。
ご冥福をお祈りします。
月末は例によって例のごとく忙しくなる

以前は、興奮してスピードあげて仕事をしていた

それが、ちょっと変わってきた

今日も出てくるはずの請求書がでてこない・・・残業準備をして待っているのだが、ギリギリになって
やっぱりできないので明日の朝にしてもらえないか?

と、メールがくる。
2~3時間のロスとなる。

以前の私だったらカリカリしていた。時間がまだあっても、とにかく猛スピードで前倒し前倒しで仕事を片付けないといけない!と、興奮して突進していた。

でも、今は「できていないものは仕方ない・・・から、帰ろう!」っと、言えるようになった。

これは周囲の影響もある。

「できないものはしょーがねーだろ」という、町工場オッサン気質が生きている職場になったからである。

自分がジタバタしても仕方ないことに対し、ジタバタするのはやめよう。疲れるだけだし・・・

あとはPONOPONO式のおかげもある。

興奮しちゃってる状態が有害だとわかってから、自分が興奮状態になるとそれを逃すことを学んだ。

だいたい頭がカーっとして心臓がドキドキする。呼吸も荒くなる。

この間、パン屋さんのレジにとても働き者の年配の女性がいた。

でも、動きがバタバタしているのである。ジーっっとみていると、それは忙しそうに見えるが余計な動きが多くとてもバタバタしている。
あっ、これって私もなっているときがある。と思った。
悪いけど滑稽に映って笑ってしまった。
その人は、あまりに余計な動きが多いのでオツリまで落としてしまう。
私の手にしっかりと渡す前に、次の動きをしようとして手を離してしまうからである。
そして却って時間ロスとなるのだ。

これでは忙しそうにしているフリになる。忙しいときほど、ゆっくり動こう。


さとり散歩

オヤツを持って散歩にでかけていたころ、「オヤツちょーだい」と、足元に巻きついてくることがあった。
今は、ずっとオヤツは持たずにでかけているが、最近、そのときのように足元に巻きついてくることがあるようになった。
今度は「そっち行かないで、こっち行こう」とか、「ねぇねぇ」みたいに甘えてくる感じだ。
なんか、オヤツなくても、そんな感じのニコニコ顔をしてくるようになったな~。と嬉しく思った。


チップ

具合がよくない。散歩もなんとなく覇気がない・・・
尿に少したんぱくと糖がでている・・・腎臓でも悪いのだろうか・・・
ハッと気付くと週末にやろう!と思っていたことが何もできていない・・・

お祝いを買いに行き、母親にランチを届け・・・結局、自分の時間などない。

でも最近思ったのだが、自分の時間ってなんだろう?

それがあったらからと言って私の場合は何をするでもない。

むしろ、何かしなくては!と、やるせない気持ちになってしまう。

この、自分の時間がない。何もすることがない。という全然違う理由のようで感じていることは同じジレンマがすごく厄介だ。

何をしていても何もしなくても、どのような気持ちで過ごしているかが重要で、明るくいられれば、その時間は花丸なのだと思った。周囲の状況は何も関係ないのかもしれない。

周囲に何かを求めがちだが、そのことは自分の中を明るくしない。不満がつのるだけである。

何かに頼らない、頼る気持ちが少ないほど楽になる。


さとり

芝生広場にくると眼がキラッとしてリードを引っ張り、「遊ぼうよ!」と、乱暴な遊びに私を誘う。
ので、木の枝を渡すと一人でガリガリ齧りだす。一人で転がって、しばらくするとフェードアウトする。
いつまでたっても興奮癖が抜けないな。と思ったりもするが、よく考えたら7年も興奮させていたのだから
あせることはない。まだ1年しかたってないのだから。
私も焦らずじっくりとponopono式を実践する気持ちに落ち着いたし、1回1回の散歩をもっと楽しめるようにしよう。


チップ

やっぱり具合がよくないみたいで、超スローである。
今朝も一瞬、足が硬直してしまった。
匂いの嗅ぎ方もお爺さん風で、何度も何度も同じところを嗅ぐ。
しかし興奮することは、ほとんど無い。
散歩中に急に不安そうに興奮しそうになったときは、嫌いな柴の匂いがどこかに漂っている時だ。
そんなときは迷わず、もう抱っこしてしまう。
チップもあと半年で11歳。チップと同じ境遇(テーマパーク)にいた子達は早死したり、老いが速かったりしている。+2歳と考えたほうがよい。と、言われている。そうするともう13歳だ。
ゾッとした。1日1日を大切にしようと思う。


クラウド

ゆっくりゆっくり散歩した。
クラウド君はとても素直で面白い。でも最近、口文句が多い。
「散歩はやくー」「ゴハンはやくー」「オヤツちょーだい」とか。今やろうと思ったのに言うんだもんなーー。
さとり

なんとくなくだけど・・・酷いモンローウォークが治ってきたように思う。

ダンナも気がついたみたいで、最近歩き方がちゃんとしてきた。と言っていた。


さてさて、桜も開花し始めたので、今日は調子に乗って、河川敷に散歩にでかけた。

これが大変なことに?

川は水が豊かになっており、さとり大興奮してしまったのである。

なんとガン引き状態・・・

車から降りた途端、落ちていたティッシュをパクッとして吠えた。

大興奮で散歩スタート。川には飛び込みたいし・・・で、手がすりむけそうだった。

暖かだったので手袋も持ってこなかったし・・・

しかしなんとか後半には、ゆっくりになり、今は家でまったりしている。

楽しようとして却って疲れた・・・