<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ああっ(*_*;まだ27日だと思っていた・・・もう29日だった。

①昨日は里親会だった。

前回2回は好ましくない状況だったが、昨日は大分よかった。
私の顔が鬼みたいになる回数は1回だけだった。
犬を放っておいてくれる人が多かったからだ。犬たちは後半になると眠っていた。

アントンの希望者さんも来てくれていた。とても優しそうな動物一家という感じだったので、決まってくれるといいのだけれど・・・先住動物たちと仲良くやってほしい・・・よく言い聞かせておかないと

②友達から数年ぶりに、保護犬を引き取ったと連絡があった。よかったね~。などと話して、電話をきったあと2~3日して気がついた。そうだ、練習させてもらおう!ということで、PONOPONO式育犬の説明の練習をさせてもらった。当日尋ねたら、「別の友達も呼んじゃった~」と急に言われ慌ててしまった。
友人と初見の友人の友人、二人に説明が終わり感想を聞くと、こうだった。
「話はよくわかった。でも自分の常識を覆すような内容なのでついていくのに精いっぱいだったし、わがままにならないか心配」
あー、こういう意見はセミナーに来た人からもいただく。子供をもつ母達に多い気がする。
すごーく、よくわかるんだけど我が家では無理。とかいうものもある。
「特にうちのお父さんなんか無理」という。
私もオリエンテーションの練習させてもらっただけなので、無理に薦める気はまったく無い。
「まー、こういう世界もあるということで興味があったらブログ読んでみてください。」と、PONOPONOブログと
犬語辞典を教えておいた。

今回の練習の反省点としては、相手の犬生活の経歴を聞いて話の順序なりを変えた方が相手には伝わりやすいということだった。

しかし一人はストレススマイルについて話すと、「あ、わかった。こんな顔でしょ?ドッグランでよく見かける~!」と、言っていたので、とてもよく「観る」人だった。
いろいろと楽しかった。


③アントンは最近、クラウドに絡む。

さとりブームが終わり、次は短期間チップブームだった。
チップを前足や鼻先でチョイチョイつつく。
怒って飛びかかっていくのが面白いみたい。
ブーム終盤は、ソファにボーと横になったまま、チップ攻撃を受けていた。

クラウドは絡まれても全然熱くならない。ウォとかいうが、クールだ。
興奮しない。

あれ?ちょっと興奮してきたかな?止めようかな?と立ち上がり近づいて行ったら、さとりに鼻でピシャリと止められた。あ、止めなくていいんかい。
なんかちょっと私の介入が早かったみたい。
その後、さとりが止めに入った時一緒に後ろからついて行って手伝った。

実家で
d0117776_848546.jpg

うう~眠い・・・

アントン4ヶ月に入り、ある日急に、環境に対する反応が変わってきました。

たとえば、電車。

それまで無反応で、へー電車も平気なんだ。と思っていたのですが、

先日、初めて電車を見たような驚いた表情を見せます。

あれ?これって何だろう。と、思ったらアレに似ています。

子供の人みしりの時期です。

そこで人間の母親さん達に聞いてみました。

2歳児ぐらいから人見しりが始まるそうですが、アントンの症状(?)と同じ感じです。

そして人見しりは子育ての過程として順調である証しだそうです。

他にも、いろいろ変わってきて社会を認識し始めた感じです。

社会化感受期の意味が身を持ってわかってきました。

時間がないのでまた今度・・・

甘えん坊さん
d0117776_737772.jpg


恍惚としてソファを齧るアントン(さとりが赤ちゃんの時噛んで削れたところを噛んでいます。)
d0117776_7374233.jpg

今日は、さとりに指導を受けてしまった。

最近アントンが、チップにちょっかいだし、よく大騒ぎになる。

今日もトイレ入ってたら外で大騒ぎになったので、出て行って、不機嫌なドス声で「アントン~!」

と言ったら・・・

さとりがすかさずシュツと私とアントンの間に入ってきて「止めて、はい、落ち着いて~」ダンス。

あーーー、ごめん。そうだったね。

「あー、アントンごめんね。ごめんね~」と、すかさず、弱々しい声をだしたら、アントン頭から突っ込んできて、
ぐりぐりする。甘えん坊さん。

隣でさとりが、「そう、そう。」という感じで舌ビロビロ。

さとちゃん、すんませんね。本当に。


今日は、実家に行き、一日中、庭と家を行ったり来たりで、静かな皆さん。でした。

かなり?たくましくなってきたアントン
「当り前ですよ。ボクもう子供じゃないもん。ウンチしたって教えに行けるもん。」
d0117776_2184484.jpg


今日はお散歩のとき、振り返ってニッカリ笑ってました。
アントン

屋内トイレを、はずさなくなった。

今日からトイレの範囲を少し少なく。

やっぱり青シーツだと最初からはずさなかったので、青シーツだとOKだったのではないかと思う。

しかし今は白シーツでも大丈夫。

外でもできる。お散歩中は、オシッコはできるようになった。ウンチはたまにだけ。ほとんど屋内。

クラウドは早々に文句言うのを離脱・・・ちょっとやつれたクラウド。

チップの注意も最近少なくなってきた。

フードのサラサラした音を聞くと興奮していたので、ゴハン食べ終わった直後に、次回のフードを用意していた。昨日あたりから、用意中のサラサラした音を聞いても落ち着いていられるようになった。

今からあげるゴハンをだしているときは、クンクン言っちゃうけど、ギャンギャン!という吠えはほとんどなくなった。

先日はお散歩のとき高い段差から飛び降りて着地に失敗し、派手にこけた。
びっくりしたが大丈夫だった。
そのあと金属の上でも、滑ってこけていた。


さとり

相変わらず絡まれている。
アントンが止めた時自分も止めればいいのに、やり返している。子供だ・・・・
クラウドが、さとりを止めている理由がわかった気がする。
しかし以前に比べ、絡み少なく、絡んでも目がいっちゃってる感がまったくない。


クラウド

疲れているみたい。やつれ顔。最近は、ほとんど離れて静かにしている。


チップ

注意の声がうるさかったが、そのたびに見に行ったり、止めに行ったりしていたら、少なくなってきた。
もちろん注意場面が減ったのもあるけど。
アントンはワザとか何か、チップに、どっかんと当たるときがあるので注意だ。


d0117776_795433.jpg

先日はハンドリング一つで犬は落ち着く  または、ハンドリングひとつで、興奮する。

ということを身をもって体験した。

このことは前回の日記に非公開で封印してある。いつかブログ以外の場所でご報告したいと思う。


今日は、とても良いことがあった!

お散歩中に、たまに会うSダックスの飼い主さんと会った。

「Aちゃん、元気になってよかったですね。」と、声をかけると、素敵な答えが返ってきた。

「もう死にそうだったので、最後なんだから、好きに生きて。と、思って、なんでも好きなようにさせていた。
そうしたら元気になっちゃったの。
しつけたことなんかどっかいっちゃったけどね。お散歩も好きなところへ行って、全部犬の好きなようにさせていたの。」

まさにPONOPONO式だ。

「そうしたらね、自分もすごく楽ちんになったの。早く、早く。とか言うことがなくなったし。肩の力が抜けて
いい感じになったわ。」


すごい、自分で気がついてやっている人がいるのだ。

とても感動した。


皆で穴掘り。すみません、埋めておきました。
d0117776_6531582.jpg

認知の過程

「犬の心へまっしぐら」という本に、「訓練は認知能力に悪影響を及ぼすことがある」と書いてあった。

あれは、ストレスを高めやすいからという意味であったと思う。

でも、アントンを見ていると、排泄の訓練ということにも当てはまるような気がする。

確かにオヤツなど使ってトレーニングしたほうが早くトイレを覚えると思う。

しかし自分で周囲の状況を観察し、どうすれば適切なのか判断し、それを行動にうつせるようになるまで
待っていてあげる方が、その子の能力にはプラスになると思う。

つまりオシッコシーツにオシッコする。ということだけ覚えるのではなく、観察し考察し気づくまでの・・・
考え方の学習となるのではないかと思った。

そして「気づき」があることが、また重要で、ただの操り人形か真に理解してやっているかの分かれ道でもあると思う。

アントンには、今、トイレトレーニングらしきことは何もしていない。

時間を見計ったり、興奮してきたりすると外に出してみるだけだ。

最初は緊張のせいか、オシッコをそこらじゅうにチビっていた。

今は、排泄したくなると、それらしいそぶりを見せるので、外に出したり、シーツにもできるようになってきた。

そして散歩中にも排泄できるようになってきた。

この間、2週間。

以前の一時シェルターでは、オシッコシーツに、ほとんどできていた。と聞いていたので、最初はびっくりしたが
ここはじっくり待ってみることにした。
綺麗好きのダンナは最初困ってしまったようだが、諦めて付き合っている。

そのうちお互いに観察の結果を報告しあうようになった。

・我が家では大きな洗えるシーツ(茶色)を使っている
→白いシーツにしたところ、半分ぐらいの確率でできるようになる。
→本日から普通に市販されている青いシーツを買って敷いてみることにする。たぶん、できるんじゃないかな?

これができたら、我が家に来る前に学んだ(?)ことは、青いシーツの上で排尿。ということである。

そして、ちょっとしたルール変更についてこれなかったことを意味する。
まだ子犬だし、わからないけど・・・。

冷静に周囲を判断し、アントンが白シーツでできるまで2週間以上かかった。
落ち着くのに1週間。観察・考察・行動に移せるまで更に1週間。
長いだろうか?損な時間だろうか?
絶対そんなこと無いと思う。むしろお得だ。
この間にアントンの脳みそはいろいろなことを学習したと思う。トイレだけで、いろんなことを
学習できた。脳みそ回路をたくさん増やした。

たぶん、トレーニングで教えるより、たくさん回路増えていると思うんだけど、どうだろう?


・食後すぐに、オシッコをチビる。その直後、ウンコをする。
→大きなシーツの上で食事させれば、とりあえず解決。でも本当のところは何が原因だろう?
成長の一過程なのかな?幼い頃の飼われ方かな?


アントンを見ていると・・・
暑い、オシッコ、ウンコ、痒い、お腹すいた、喉が渇いた。という生理的欲求が起こると
興奮するのがわかる。
オシッコしたい→排尿。にはまだ繋がらず、自分の中で起きた、モヤモヤした感覚に対し、わけがわからず
興奮しちゃっているように見える。
モヤモヤ感覚(オシッコ)がするよ、なんだろう、イライラするよ→興奮。みたいな。

モヤモヤ感覚→オシッコだ!→シーツの上に行こう!または、外にでたいって言ってみよう。→排尿。

と、なってくれればいい。

でもこれもトレーニングで、合図でオシッコなどとやっていると、この過程で学習できる機会を逃すのでは?
とも思う。

解答をさしだしちゃっている。または解答を押しつけると導きたい所へは導きやすいけど、
その導き先は本当にあっているの?

違う所にいったら、また違うルールがある。
そんなことに対処できるような、そういう意味ので柔軟さを身につけるのには、やっぱ訓練は
有害なんじゃないか?と思う。

いずれにしろ求めることが違うので仕方ないけど・・・

アントンには犬として正常に伸びやかに育ってほしいと願うばかり。

でも、そんなアン君も他犬との挨拶は、バッドだ(*_*;
離れていると眺めているだけで静かだが、近いと小さな犬には興奮して突進してしまう。
大きな大人犬からはイヤそうな顔されて避けられるアントン。
丁寧にシグナルだされて挨拶されてもキョトンとしている。
とりあえず散歩中は、回避一途に・・・。

さとりっ子・・・そういえば来たばかりの頃は、何かというと大人犬にワッワッと吠えていたけど
めったに言わなくなったな~
d0117776_9525045.jpg



ソファにて・・・クラウド&チップ&私でまったり座ってたりすると、上から降ってくるのよアン君がぁ
ドッカーンって、上から降ってくるのよ・・・オッサン達怒るに決まってるでしょーがぁ
d0117776_959448.jpg



コケをむしって味わい中
d0117776_102174.jpg

早い・・・もう10日だ・・・眠い・・・


アントン

夜中の2時ぐらいにウンコしたくなるみたいだ。
ウンコ&オシッコ

昨夜は、ほぼ一晩中ベッタリとくっついて寝ていた・・・暑い・・・体温が高い

朝4時オシッコ

ゴハン食べ終わって、すぐその場でオシッコチビリとウンコ。
これは絶対、小さいころサークル飼いしていたせいではないかと思う。

散歩でオシッコ1回

帰ってきて庭で1回

人間が朝ごはん食べているとき、オシッコ&ウンコ

今日はもうウンコ3回目。

しかし、後は午後まで寝ている。

なんか私はこれから出勤なのに、気持ちよさげに、まどろみ始めた皆さんを見て、羨ましく思う。

朝晩ダンナと私で2回ずつの散歩が定着してきた。
いろいろあったのでランダムに・・・

さとり

間近にシェルティー軍団と遭遇し、スルーできた。
メスにギャンギャンされたが、一本生えていた草の匂いを嗅ぎスルーした、さとり。
偉いぞ(*^_^*)


チップ

ウンコを拾っているときに、黒柴くんが来てしまった。
チップ向かって行って一声吠えてしまったが、「大丈夫だよ。Kちゃんだよ。」と、言ったら戻ってきた。
去ってゆく姿に、もう一声吠えたが、なんか今までと違う。
興奮していない。
ドキドキハアハアしていない、とりあえず吠えました。という感じ。


クラウド

最近、朝ごはん前に散歩のクラウド。
結構、遠くまで散歩するが、途中でお腹がすくのか?ハッとするのか?
いきなり慌てだし、帰ってくる。


アントン

散歩中に急に興奮することがある。
青々した芝生をみたとき、あとはやっぱり喉が渇いてきたころかな?

さとりに絡むが、さとりへの歯の当て方が以前と違い柔らかくなってきた。
まったく当てないで絡む時もある。
よく見ていると、さとりが、すごーくヤンワリとアントンに応戦しているのだ。
アントンに強く噛まれてもヤワヤワとアントンの体に歯を当て応戦する、さとり。
後ろ足を取ったときも、そーっと噛んでいるというか、口で挟んでいた。
偉いなぁ。と思う。

顔はすごく怖いのですがね・・・。

クラウドもチップも、ちょっとした絡みには最近は、指導に入らない。
しかしヒートアップしてくると警告しだす。
そうしたら、出て行けばいいや。と、思った。


d0117776_7125236.jpg

帰ってきたら、アントンがまたさとりに絡んでいる。

絡み方が非常に激しかったので、止めていたが、だんだんと歯が当たらないように絡んだりすることが多くなった。
クラウドも静観していることが多くなったので、私も見ていることが多くなった。

さて帰ってきたらクラウドはいない。お散歩中のようである。

絡みアントンを、さとりとドアでしきり、玄関先で、散歩にでようかどうしようか考えていた。

そうこうしているうちに、アントンは足元でまどろみ始める。

雨が降っているが、合間を縫って、アントン散歩にでた。
途中で雷が鳴り出したが、怖がる様子はない。
それより人間をジロジロ見る。
いろいろな人間が珍しく仕方がない。と、いった感じだ。
幸い道行く人は、皆、笑顔でアントンに応える。
子犬の威力はすごい。
会社帰りのオジサンも笑顔にする。

次に水たまりで遊ぶ。
綺麗な水たまりはスルーし、泥泥の水たまりで遊ぶ。

そのうち草の上に座って青柿で遊び始める。
のら犬っぽいアントン・・・。

今日はお散歩中にオシッコを2回もできた!

昼間は病院に注射に行ったとのこと。
診察も大人しく病院で会った他犬もスルーしたようだ。
全体的にマイペースでハスキーらしく、とても可愛い。

夜、さとりへの絡みがしつこい。止めるパターンになっても止めない。
あ!ウンコかも!と、思って外に出したら、やっぱりウンコ。

その後は静かになった。

オシッコ、ウンコ、空腹、喉の渇き、こんなことが、さとりへのシツコイ絡みとなってすぐ現れる。

だんだんと、いたずらも出てきた。
安心できるようになったかな?

グラジオラスを破壊し、満足げなアントン
d0117776_2142191.jpg

今朝、アントンに起された。

玄関の扉を急いで開けたが、間に合わずリビングでしてしまう。

でも、その後、また外で大量のシッコする。

朝ごはんの後、すぐに夕ご飯を作り、タッパーに入れておく。
オヤツもタッパーに入れておく。

ずっとゴハン作っている感じになる。

散歩から帰ったら、庭でオシッコ&ウンチする。