<   2013年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

母親に頭にきた!

親と気が合わなくて別居したのに、なんで今になって同居しなきゃならないのか。

とにかく実母との同居は難しい。というか、はっきりいうとイヤダ!

落ち着こうと思っても、子供のころからの恨みつらみ。というか、不満や不信感がドッとでてくる。

それが何気ない一言で火が付き、もう言いだすととまらなくなる。

人間は怒って当たり前だが、それは最長90秒ぐらいのことらしい。

それ以上続くのは、感情にコントロールされているだけらしい。

あの、イエス・キリストも怒ったらしいが、怒ったらすぐ鎮火する。それが正常な人としての機能らしい。

いつまでもいつまでも不機嫌でいるのは、過去の・・・現在で有りもしない妄想と関連付けられる感情に支配されちゃってるかららしい。

つまり、母親が言った何気ない一言とかに、過去の妄想の産物である感情たちがワーーーと大騒ぎし始めると言うことだろうか。
たぶん、そんな感じなんだろう。

だって客観的に見たら、発したのはただの文字の連なり。

だから、全然関係ない人には、たとえば「そんなことできない」という発言にたいし、「あぁそう」ぐらいの感想しかもたないと思うが、そこに私とかは、いろんなものを見ちゃう感じちゃう恐れのための自己防衛が発動しちゃうのである。

ああ、また文句言いだす、とかね。
また文句か。と思うと、だいたい自分は子供の私にこうだったくせに、自分が年をとると、逆のことを言う。やる。とか、どんどん負のスパイラルに入って行く。

言われている本人は「???なんでそんな話になるのか???」
と、思うかもしれないが、そんなふうな感情を形成するように育てちゃったし、対応してきたのだから仕方ない。
私もやりたくてやっているわけじゃなく、もう自動発動しちゃうのだ。

やだ!と思ったら噛みついちゃう。という犬と同じだ。

これはできたら母親にPONOPONO式で私に対応してもらいたいところだが無理だろう。

私の方も、過去の妄想や恐れに振り回されないように、今日のことは今日!と思って生きるようにしなきゃ。
今の発言とか行動は、私の恐れとは何の関係もない。と心しておかないと。
でも母親はすぐケロリとしているところがまたムカつく。

とにかく母親といるときは、何も考えない。

そーだ!馬鹿になればいいんだ!阿呆になれ私!
さとり朝散歩

昨日、実家の庭&ランで散々お外で瞑想タイムを沢山すごしたせいか、

朝は1時間もたたないうちにスルッと帰ってくる。

しかし猫フンを食べて私ちょっと不機嫌になる。

そんなとき、あっちへ行く。というので、嫌だ!こっち行く。と、ボディランゲージしたら

すんごい目力で目パチされ、「あっち行くんだっ!」と、言われた。

しぶしぶついていく私。

思い起こせば、さとりは我が家に来る前からこんなだった。

私の夢にゴールデンの子犬が出てきたので、「お前の名前は、サリーかリリーだよ。」と言ったら・・・

「そんな名前は嫌だ!!」と、思いっきり否定。

どびっくりして声もでない私に「私の名前は“さとり”にして!」と命令。

あぁなんで、あと2匹いた大人しそうな子犬ではなく、こんなクソ生意気な子犬が私の方にころがってきたのだろうか。と思ったのである。(暗闇の中から3匹の子犬が転がってきたのだが、2匹は別の方向へ転がって行ってしまったのだ)


散歩の後、しばらくしてから旦那としゃべっていたら、口調が厳しかったらしく(私は真面目に話をしだすと、そうなるみたい)、私と旦那の間に入り、ヤメレ。と、私に手をかける さとり。

え、喧嘩しているんじゃないもん。しゃべっているだけだもん。と、つづけたら、また「ヤメレ」と、手で私をポンポンする、さとり。

ダンナが、わざとらしく泣く真似をすると、ダンナに向き直り、慰めるさとり。

そのあと、私の方を向いて、すんごい睨みつけてくる。

私、悪くないもん!!!

結局、話す言葉じゃなくて、仕草とか口調とか大きさとか、雰囲気で判断されちゃう。

言っていることに正当性があるとかそういうことじゃないということか

笑いながら厳しい言葉を言う人がいるが、そのほうがいいということか

落ち着いているか興奮しているか

ただそれだけなんだろな・・・・と、さとりに諭される朝



チップ朝散歩

特に何事もなく終了


クラウドは旦那が散歩

前は、朝「おい、起きろよ」と、起しに来たが、先日から、起しに来ない。
階下から呼びつけるようになった。
手抜きするように・・・・
クラウドが起さないと、他に起す犬はなし。
ずっと家にいたら、寝たいときに寝て、食べたい時に食べる。生活しよー。

と、思っていたら、できない・・・・アッという間に一日が終わってしまう・・・


さとり朝散歩

軽く瞑想してから散歩開始
あっちいったりー、こっちいったりー、掻いてほしいー。と言われてたりー。で1時間半ぐらい。


昼間は実家で、人間は片づけ。
犬は自由にしててちょ。ということで庭なり家なり、出這入り自由で放っておいた。
でも、もー片付けはギブすることに・・・やってもやっても終わらない・・・業者さんに頼むことにした。


夕方散歩

ランに行く。が、最初にクラウドを雑木林一周コースで40分ぐらい散歩。
次に、さとり散歩。でも、さとりはすぐ引き返してくることはわかっている。
やっぱり15分程度でランにもどる。

そして、そのあと私に怒る。

さっき何処行ってたのーー。みたいな感じ。

クラウド散歩(チップをスリングに入れたまま)に行くといつも怒る。が、行くときは知らん顔でさっさと自分はランに入って行くくせに、あとで一応プチッと文句言う。

はいはい、ごめんね、ごめんねー。と言って気の枝など拾って差し上げていると機嫌を直してくれる。




どんどん暗い顔になっていくラブさん達がいる。
訓練始めたり、夜中クレートに閉じ込めたりしている子達だ。
飼い主さんは気がつかないのだろうか。
わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい○大ham・・・眉間に皺を寄せて、しかめっつらした犬は、みててつらい。
最近、私の中で人気急上昇なのが「マザー・テレサ」だ。

生きているときは、テレビとかで見て、フーンぐらいしか思わなかったが、語録などの意味が
やっとわかるようになってきて、その偉大さというか、面白さにびっくりしている。

たとえば・・・

「私は反戦運動には協力しませんが、平和運動には喜んで協力します。」

というような言葉だったかな?

この意味が、やっとわかるようになった。

初めて気付いた時は、笑っちゃった。

この二つは同じようでいて同じ作用をもたらさないのだ。

大事なことは、戦争にフォーカスするか、平和にフォーカスするか。ということである。

とは言うものの、私は今までの考え方のクセとして、反戦運動の方にフォーカスしがちな方である。

せっかく仕組みの一つに気がついたのだから、クセも直していかないとね。

平和や幸せにフォーカスできるように意識して生活してみる。

これにPONOPONO式がとっても有効なのだ。

チップ、さとり、クラウドとボンヤーと散歩していると、言葉でなく、心がとっても気持ち良くなっていることに気がついたりする。
何しろ、余計なこと(まっすぐ歩いて。とか、こっち着て。とか、)は何も考えないようにしているので。

また、マッサージブラッシング(勝手に命名)しながら、チップが膝でウトウトしだすときも、ボーっとして気持ちよくなっていく。

または、このお散歩を始めてから、何もしていなくても、心が不意に至福に満たされることがあるようになった。

人は幸せを求めて刺激を求める。

でもそれらは一瞬の幻みたいな、麻薬みたいなもの。
なくなればまた、更なる幸福感を求めだしちゃう。

幸せは落ち着きの中、というか先にある。

でも人は、幸せを求めて刺激に身をさらす。

だから、そういう人たちは、犬の幸せを考えて、犬も刺激にさらす。

でも、幸せや平和は刺激の中、騒がしさの中には無い。

落ち着きは退屈?

全然、退屈じゃない。

平和は、つまらない?

とても面白い。

至福を知らない人は刺激の中に幸せを見出そうとして必死だ。
でも中毒になるだけ。
もっと、もっと、もっと。って。

落ち着きの中にこそ、幸せと平和があり、それは素晴らしく気持ちよく至福に満ちている。

イライラしたり、暗い気持ちに襲われたり、思いだし怒りしたりで、まだまだ不安定で、今はちょっとしか感じることのできない至福タイム。

犬達や家族と一緒に、こんな時を増やしていきたいなー。
やっと休みが始まった~

クラウド朝散歩

の、前に、階下から呼ばれる。まだ眠いのに~。と、思ったが、再度呼ばれる。

玄関の扉を開けたら、庭に飛び出して行った。どうやらウンPしたかったようだ。

クラウドは最近、室内ではウンPをしたがらない。庭が一番いいようだ。

朝散歩は1時間ぐらい堪能



チップ朝散歩

30分ぐらい。今朝も脳内スパーク。

帰ってきて、人間食後に、ブラッシングタイム

しめじさんに教えてもらったように、ブラシにブラッシングスプレーを吹きかけて、やってみた。
ブラシ通りがよく、綿菓子みたいにホワンホワンになる。

合間に、ちょっと爪切りとカット。

結局、1時間近くブラッシングしていたが、気持ちよさそうにウトウトなチップ
今日は仕事おさめ

昔と違い、ゆっくりと最後の日を迎えると言う雰囲気ではない

最後までバタバタザワザワする

なにかが変わってきちゃってるなー。と思う。

「赤チン塗っておけば」と、言ったら「赤チンって何ですか?」ってマジ顔で聞かれた。

おおー、変わったのは私の年齢か!


さとり夜急に、変になる

イライラしているような顔をし、自分の毛をむしって食べる
えええーーー!
外に出したら、草をむさぼる。散歩に連れ出したが、草をむさぼるばかり。
酷い胸やけなのか・・?
変な植物食べるより、キャベツだと思い。
キャベツを与えるとバリバリむさぼる。
そしてしばらくすると落ち着き、水をガブガブ

たぶん、もらった乾燥砂肝が胸につかえたのだと推測

ダンナのジャーキー嫌いが加速
チップ朝散歩

最近、脳内スパークのチップ

今朝も元気よく大興奮で飛び出すが、リードをちょっと止めしているうちに落ち着いてくる

車やバイクなどが走り去った後の音に吠えるようになっていたが

それも、前半なし!

リードのちょっと止めをしているとき、私は無心を心がけるので、今日も空白の時間が・・・

気がつくとバイクがバァーーー!と目の前を横切って行った。

バイク音に興奮するようになってから、避けていたり、抱っこしたりして嫌な状況を避けるようにしていたが、

空白中だったので、気がつくのが遅れた。

あっ、しまった。チップ嫌がって吠えちゃう!と、思ったが、

なんと、大丈夫だった。

その他に車も歩道がちゃんとあるところなどは大丈夫だったが、歩道が無く、すぐ脇を車が通るようなところは
ダメだし、車に向かっていっちゃうこともあるので気をつけないと。



昨日はクラウド誕生日で、大きなステーキを軽く表面だけ焼いてプレゼント

皆、目の色を変えて食べた

チップも私が差し出した肉片ではなく、盛ってある皿をめがけて、がっつり。

一瞬で食べちゃうのだった。

クラウドには旦那が、さとりには母があげた。

「大人より子供の方が大人である」と、先日の講演会で聞いた・・・

このことから、気付いた私なりの考えみたいなものなので、あんまり読まないでくださいm(__)m



生まれた時は、肉体の誕生で英知の死が始まる瞬間

なぜ元々ある英知が奪われてあるいは隠されていくのか・・・

この世のいろいろな仕組みから身を守るために作られる自我のせいではないだろうか

その自我は、恐怖と不安からできている

人間は、その自我のおかげでこの世の社会では、上手く生きて行くことができるが

本来持っている英知を忘れる。ということと引き換えだ

だが、ペットは、恐怖と不安からできている自我を育てる必要はない

この人間社会を構築しているルールに従わなくてもペットとして愛護されて本来は生きてけるはずだからだ

しかし、最近は、しつけと称して、人間社会のルールに乗せようとする

そして育みを、何かを教え込むこと。と思っているこの社会では、

当然のように人間と同じ仕組みで構築された「恐怖と不安からくる自我」を育てることになる

今の世の中は、快適ではない

むしろ、窮屈で不幸で間違っていると思う

戦争や争い、環境破壊、まき散らされる病気、必要以上に何かを欲しがり、本当の幸せさえ知らない

それは今のこの世を構築する考え方自体が正解ではないからだろうと思う

誰かが悪いのではない。それはそのような考え方を皆が教えられたから。

悪いことをしろ。と教えられたのではなく、今の社会を構築する思考方法で物事考えるように教えられたからだと思う。
足し算や引き算って本当に重要なのか?みたいなこと。


教育に対する考え方が変わらない限り、破滅へ向かってまっしぐらな気がする

真の育みとは、教え込むことではなく、もともと持っている英知を花開かせること

もともと持っている素晴らしく優しく賢く自由なそれを歪んだ思考で奪うことは、まったくもって勿体ない

が、本来持っている英知を育まれてきたような人間はまだ今の社会では生きずらいだろうな

でも、ペットだったら、そんな本来もっている英知をそのまま愛でることが可能であると思う

訓練やトレーニングで、それらの英知を、恐怖と不安からできた自我にとってかえてしまうのは本当に勿体無いことだと思う

人間であればほとんど見ることができないものを、そこに見ることができるかもしれないのに
はー、今週は忙しかったー


クラウド朝散歩

クラウドに会うと、ピーピー鼻を鳴らし、近寄りたがる例のシーズーもどき男の子に、また会った。

クラウドの匂いかぎに一緒に集中していたら、ふと気付くと2mぐらい前方にたたずんでいる。

飼い主さんは困っているようだが、どうしてもクラウドに近づきたいらしく、彼は動かない。

1回目のときは激しく動揺していたので、クラウドと一緒に逃げるように去ったのだが・・・

2回目に会った時は、あまりに追いすがってくるので、一瞬だけ挨拶・・・


クラウドはどうするのかな?と、思ったら・・・


「え?こいつか~・・・」という感じで、気付いた途端あからさまにウッとのけぞる感じ。

そして、横を向きながら、フイと方向を変えたので、あ、やっぱ避けて別の道へ行くんだ?

と、思ったら・・・

軽く迂回しながら、近づいた。

ちょー、びっくり。だってクラウドも正面からいくタイプだったから。

2頭でサラッと鼻挨拶。

クラウドの尻尾は、すんごくブンブンと嬉しそうに振られている。
こんなに尻尾振っているの見たこと無いかも~。というぐらい。

サラッと鼻挨拶して、すぐサラッと分かれる2頭。

ちょー、びっくり。だって、クラウドは、軽い鼻挨拶のあと、さらにグイグイとガブリ寄るタイプだったから。

2回目のときも鼻挨拶のとき、それ以上行かないようにリード固定していたのに

今回は拍子抜け。

と、ともに、とても良いご挨拶に、嬉しくてびっくり。
チップ夕方散歩

今日も脳内スパークで速足

ちょっと止めるのが、可哀想に思えてやっていなかったのだが、

やってみた。

このときの私的なコツは、とにかく何も考えないこと。

まだ速足だ。とか、いつ治るのか。とか、うまくできない。とか考えない。

心を無にする。

やっぱ、効くわーこれ!

気付いたら、のんびりペースでお散歩になっていた。


その後、カニヘンワイヤーもどきダックスちゃんと会う。

相手フリーズ。

チップは、相手がフリーズしたのを見て、クルッとお尻を向け、石垣の匂いを嗅ぎだす。

ダックスちゃん、チップのお尻の匂いを嗅ぎによってくる。

チップ知らん顔。

ダックスちゃん離れる。

チップ、ダックスちゃんのお尻の匂いを嗅ぐ。

その後、サラッと分かれる。

すごーく良い挨拶できました。

今までのチップは、好きな相手には正面からガブリ寄る。だったので、びっくりしちゃった。

嫌いな音や匂いには激しく反応するようになったけど、大丈夫な犬に対する態度は、びっくりするほど
良くなったチップ。



クラウド夕方散歩